千葉の注文住宅::ウッディホーム新築事業部

建築実例 自然素材住宅

「モミ」に囲まれた粘震の家

千葉県市川市 S様邸 「モミ」に囲まれた粘震の家

繰り返しの地震に強い耐震+制震工法の「粘震の家」です。
自然素材「もみの木」できれいな空気環境を実現、30坪の敷地に車2台を配置可能にした設計。


住む方の命・健康・財産を護るのが住まいの基本となる役目です。この建物では耐震+制震の『粘震』工法を採用。
国土交通省諮問機関制定の耐震等級3(最上位)相当ですが、+制震施工による『粘震』とする事で地震による歪みや変形を抑え、結果繰り返す地震に強い、住宅の初期性能劣化を抑える構造になりました。

天井高さに変化を持たせました。空間にメリハリを出しました。照明はもちろんLED。

天井高さに変化を持たせました。空間にメリハリを出しました。照明はもちろんLED。

高気密高断熱の構造体とパイン床材で四季を通じて快適なリビングになりました。居心地がよく家族が自然と集まります。

高気密高断熱の構造体とパイン床材で四季を通じて快適なリビングになりました。居心地がよく家族が自然と集まります。

吊り戸棚をなくてリビングとの開放感をUP。キッチン脇には造作のカウンターを設置。料理台としても大活躍。下部はダストスペースにしてスッキリしたキッチンになりました。

吊り戸棚をなくてリビングとの開放感をUP。キッチン脇には造作のカウンターを設置。料理台としても大活躍。下部はダストスペースにしてスッキリしたキッチンになりました。

浴室はLIXIL 「ラバス」。大きなメタルヘッドのシャワーからの細かな水流が疲れをいやします。

浴室はLIXIL 「ラバス」。大きなメタルヘッドのシャワーからの細かな水流が疲れをいやします。

パインの床はさらりとしてあたたか。肌触りがよく素足で過ごせます。

パインの床はさらりとしてあたたか。肌触りがよく素足で過ごせます。

もみの木は床と天井に貼ることでより効果が発揮されます。眠りの深さが違いますよ。

もみの木は床と天井に貼ることでより効果が発揮されます。眠りの深さが違いますよ。

ドアにはウッドワンの「ピノアース」を採用。やわらかい色合いになりました。

ドアにはウッドワンの「ピノアース」を採用。やわらかい色合いになりました。

もみの木を採用した寝室。フィトンチッドの放出により空気の清浄化、ホルムアルデヒド等化学物質の分解により清涼感溢れる空気環境です。一歩踏み入れると空気が違います。

もみの木を採用した寝室。フィトンチッドの放出により空気の清浄化、ホルムアルデヒド等化学物質の分解により清涼感溢れる空気環境です。一歩踏み入れると空気が違います。

玄関には土間収納を設置。外出の準備はここで整います。

玄関には土間収納を設置。外出の準備はここで整います。

1帖のトイレ。清潔感のある白色のトイレとトリムでおしゃれな空間になりました。

1帖のトイレ。清潔感のある白色のトイレとトリムでおしゃれな空間になりました。

無垢パインの床材と玄関ドアで暖かみのある玄関に。手摺りで使い勝手が断然違います。

無垢パインの床材と玄関ドアで暖かみのある玄関に。手摺りで使い勝手が断然違います。

階段下にも収納スペースを確保しました。これが結構入るんです。

階段下にも収納スペースを確保しました。これが結構入るんです。

玄関ドアはあえて単体ドアを採用。ドア枠にはハード枠とすることで存在感が増します。

玄関ドアはあえて単体ドアを採用。ドア枠にはハード枠とすることで存在感が増します。

大きなバルコニーが特徴の外観。バルコニー出を1200㎜にすることで雨にも安心の玄関ポーチに。外壁は細石調の飽きのこないものを選びました。

大きなバルコニーが特徴の外観。バルコニー出を1200㎜にすることで雨にも安心の玄関ポーチに。外壁は細石調の飽きのこないものを選びました。

凹凸のあるブロック塀で重厚感ある玄関廻りに。

凹凸のあるブロック塀で重厚感ある玄関廻りに。

防災平瓦を採用。フルフラットでシンプルな外観に仕上がりました。

防災平瓦を採用。フルフラットでシンプルな外観に仕上がりました。

以前のお住まいの床柱を大切に取付ました。思い出も新しい住まいに。

以前のお住まいの床柱を大切に取付ました。思い出も新しい住まいに。

リビングと続く和室。大壁仕上げの中にも床の間と目透天井で落ち着きの空間を演出。

リビングと続く和室。大壁仕上げの中にも床の間と目透天井で落ち着きの空間を演出。

Contact お問合せ・資料請求

  郵便番号を調べる


よろしければ以下の項目もご記入ください

建設予定地
  郵便番号を調べる
世帯年収
建築内容
工事予定時期
総予算
本体価格予算
頭金